韓国ドラマでスカイプレッスンその2

Cafetalk(カフェトーク)でスカイプレッスン、先日またドラマを使ったレッスンを受けました。第1回目の感想はこちら。先日と同じくMinji先生にお願いしました。

今回は思い切って希望場面をリクエストしました。基本先生がドラマを提示してくれることになっていますが、Minji先生は相談可ともなっています。リクエストの際に大丈夫かどうかまず聞いてみました。OKでした!(ホっ・・・)

「いとしのソヨン」を使いました。第6話の冒頭約3分間です。今回もまず予習で音読&シャドーイング&リピーティングの合計が50回くらいになるまで練習。ディクテーションする時と訳すときも聞いていたので、100回は聞いていたかも←盛ってません!

いとしのソヨン コンプリートスリムBOX 26枚組(本編25枚+特典1枚組) [DVD]

字幕付きて見ていたものの、細かいことは覚えていなくて、勘でいいなあと思って選んだシーンでした。いざ予習をしてみると、よく分からない言葉がたくさん!IMFとか、전면 급식(全面給食)とか・・・。

IMFって「国際通貨基金じゃなかたっけ?」みたいな。

ですので、レッスンで先生から説明してもらいました。IMFは韓国の経済危機のこと。というわけで、韓国経済の話が聞けました。

전면 급식(全面給食)は、正確には전면무상 급식(全面無償給食)。え、給食無償なの!?日本では給食費払ってたよね?と違いに驚き。

他にも무당(巫堂)や김치볶음(キムチ炒め)など、韓国の文化や食に関する語彙が意外にザクザク入っているシーンでした。狙って選んだワケではないんですが…^^;

こうした+αの話は、独学ではできないことだとまた改めて感じました。  それから、先生は国語的な質問をしてきます。そこから膨らませて、セリフにはない単語も教えてくれるんですよ。과외 선생님(課外先生)で「家庭教師」など。このドラマの主人公ソヨンは、과외 선생님なんです。

こうやって膨らませてレッスンすると記憶されやすくて、しかも自分の好きなドラマでレッスンできてとても楽しいひと時でした!他のオススメドラマの話にもなったので、今度はそれでお願いしてみようかなって思っています♪

シェアする

フォローする