今のままではハングル検定準2級はギリギリかも!

今日は、ハングル検定準2級の過去問引っ張り出して、時間計って解いてみました。90分なのに、60分だと思って解いていましたが、45分で終わったので、そんなに影響ありませんでした。

筆記だけやって、45点(60点中)

う~ん…。最近ちゃんと勉強していないのがモロに出たみたいで、前半の語彙力を問われる問で分からないのが多かったです。消去法で正解したのもあるし…。

しかも、発音問題で2問も間違った!!

後半は解いていて簡単に思えました。長文読解が3つあったんですけど、たぶんTOPIKで怒涛の読み取りをしていて慣れているからか、早く読めました。あと、問題もさほど難解ではありません(主観)。

で、最後の3問の語彙の問題でまた分からなくて間違うという…。

解いたのはコレです。前に受けるつもりでしたので、本棚で寝てた過去問です。

2016年版 ハングル能力検定試験 過去問題集 準2級 by Amazon

聞取りまでやるつもりでしたが、集中力が切れたのでやめました。明日、余裕があったら聞き取りにも挑戦して、せめて合計で合格点70点ギリギリとりたいです。

でも、聞取りで25点獲らないといけないってこと?大丈夫かなあ~~~

準2級から合格点が、60点→70点に変わるのって大きいなって思います。とほほ。

それから、次の試験から実施要項が変わりますよね。下にリンクはるので受ける方、よく読んでおくといいと思います!

2018年春季第50回ハン検からの実施要項変更のお知らせ

配点も変わってくるのかな(知らないけど)。筆記の問題数が47問から40問に減るということは、やはりそうなのかな…。

今回、間違っていた問題は、配点1点の問題が多くて助かったので、もし問題数が減って配点が変わったりなんかしたら、私みたいなギリギリ人間は危ないです。

ちなみにそういえば、先日記事にした、


韓国語学習ジャーナルhana Vol. 23 by Amazon

で覚え中の慣用句も、問題文中に出て来ていましたよ。よかった、無駄なことしてしていなくて。

詳しい血液検査の結果も出て、鉄剤も処方されました。鉄剤が若干気持ち悪いけれど、変なだるさはなくなってきたような気がするのでよかったです。準2級の勉強がんばります!

シェアする

フォローする