ハングル検定3級を受けた時の苦い思い出

6月のハン検の申込みももうすぐ締め切り。書店払込みは終わっているようですね。私、準2級は今回見送ります。というより、ぼんやりしていたら書店払込締切を過ぎていた・・・^^;郵送締切日も明日22日。オンラインですと24日まで受け付けているようです!

私個人の感想が、受ける方に参考になるかどうかわかりませんが、「苦い思い出」として、3級を受けた時に反省点や感想を綴ります。

<2015年秋の苦い思い出>

  • 腕時計を時報ピッタリに合わせていったら、直前に「この試験場の時計を基準にします」と言われた(これは全会場そうなのかどうか不明です)。しかも、試験場の時計が、腕時計より進んでいた!自分の位置から会場の時計が見づらい・・・。時計を合わせる余裕なく筆記試験終了。
  • 4級の時と同じ建物なのに、いざ3級の教室に入ったら4級の時の教室より狭い!隣の人との差もわずか。そっちを見なくても微妙に視界に入る。しかも隣からすごいスピードで解いていく音が・・・(問題用紙に〇を付けていたんですね)。筆記試験は60分間なのに、30分くらいで終わったようで、〇をつける音が止まった。「今回の試験ってもしかして簡単なの?!私ギリギリなんだけど!!」と、焦る、焦る!
  • 途中で自分を見失い、マークがずれている!!同じ行に2個マークしてるところがあってずれている!それでさらに焦る。

とまあ、こんな感じで筆記が終了。全部解き終わったら7分くらい残ったかな?ですので間に合いましたが、焦りの筆記試験でした。「周囲の人に動じない心が必要だなあ、自分振り回されすぎ」と反省^^;

気持ちを切り替えて、聞き取りに臨みました。聞き取りは音声に合わせて解いていくので、隣に影響をそれほど受けることなく終わりました。

終わってグッタリ・・・。その日、癒しフェアだったかしら?帰り途、ハンドマッサージなどを受けられるイベントがありましたが、受ける気力なし。早く帰って答え合わせがしたかったです。

で、まとまめるとですね。反省点!私は気持ちの切り替えが下手だということ。周囲を気にしすぎること。普段は家でばかり勉強しています。でも、カフェなどザワついたところで敢えて勉強して、周囲の音が気にならないようにしなくては!と思ったのでした^^

※「ハングル検定」カテゴリには教材の感想や勉強法はあまり書いていません。そういうのを読んでみたい方は、以下を参考にしてみてくださいね^^

問題を解きまくりたい人へ、ハングル検定3級対策

その正解、曖昧な正解ではありませんか?

過去問も解いた方がいいです、ハングル検定!

シェアする

フォローする