ヨボセヨ!ハン検について

TOPIKについてのことばかり書いているのにも関わらず、ハングル検定3級で検索して訪れてくれている方が多く、ハングル検定の記事が少ないので、ちょっと申し訳ないです。

私は3級までしか持っていませんが(これから準2級、2級…ととる予定はある)、ヨボセヨ!ハン検(여보세요!ハン検のこと書いてなかったので今日はヨボセヨ!ハン検のことを書きますね。

ハングル能力検定協会のHPを開くと、右側に여보세요!ハン検というページに飛ぶボタンが出てきて、そこに飛ぶと簡単な模擬問題を解けるようになっています(筆記のみ)。もうご存知の方多いと思いますが・・・。

私はこれをゲーム感覚で時々やっていました。こんな風に(スタプラからログをキャプして表示:クリックで拡大、ブラウザの「戻る」で戻る)。

yoboseyo-hanken-1

が、気を付けていたことがあるのでそこのとこをここに少し。

このヨボセヨ!ハン検여보세요!ハン検)なんですが、間違った問題については、10問解いた後に、正解を教えてくれるのに、勘で正解した問題も正解は正解とみなされてしまうので、もしも勘で当たった問題は放置されやすいのではないか?と勝手に思っています。

私の場合、そうだったんです。「あれ?勘であたったけど、問題文はランダム表示だからもう1回出せない」なーんてことになったり。

だから、ノートにはつけていませんが、危ないなあと思った問題については、問題文と迷った選択肢をメモしておいて、正解したとしても「なぜ迷ったのか」を後から分析するようにしていました。

たぶん落書き帳に書いたものがどこかにあって捨ててないはずなんですが、束になっていて探し出せないのでそのメモは省略します。とにかく!ヨボセヨ!ハン検は、勘であたったものは後から確認しにくいので、メモしながら解くといいかなと思います。

せっかく公式ページで問題を公開してくれているので、上手に使いたいものですね。って私、秋のハングル検定準2級どうしよう~。TOPIKの勉強で精一杯^^; その後ちょっとゆっくりしたいなあなんて思ったりして迷い中です。

シェアする

フォローする