問題を解きまくりたい人へ、ハングル検定3級対策

現在、春のハン検申込み受付中ですね。今日はハン検の対策について書きます。私はハン検5級は受けずに4級から受けました。去年の6月です。その後11月の3級を受ける際、使ったテキストが3冊あります。1冊は、先日紹介した「昔話で学ぶ韓国語中級リーディング」。これは土台作りのために6月から取り組み始めました。

2冊目は古本屋で見つけたもの。CD未開封&書き込み1ページしかない李昌圭著「CD付 ハングル能力検定試験3級実戦問題集」!口コミでは内容が少し古いとありましたが、1000円も安くなっているし、まあいっか…ということで6月下旬に購入しました。

hangurukentei3kyu

ただし、なかなか本格的には始められなかったのが事実。土台が固まっていないので、発音表記の問題以外は、知らない単語ばかりで解けませんでした。そこで、この本に掲載されている「3級出題の語彙リスト」をコピーして持ち歩き、隙間時間を見つけては丸暗記しました。参考になりませんねえ~(笑)。名詞はカテゴリ別になっているものの、動詞はカナダラ順でして・・・^^;

文章の中で単語を覚える方がもちろんはるかに頭に入りやすいし、残りやすいですよね。ただ私は「暗記」が割と得意で、単純な単語の羅列も割と覚えられたりもするのです。その辺はたぶん個人差があると思います。暗記しまくったのが8月くらいでしたでしょうか。

語彙力をつけると問題も少しは解けるようになりました。分からなかった単語には、選択肢の正解以外のものも、黄色い蛍光マーカーでチェック。2回目にも忘れていたら赤線を引いてチェック。3回目でも分からなかったら青い星マークでチェック!というわけで、青はなかなか覚えられない手強い単語や表現です。(写真参照)

hangurukentei3kyu_2

この問題集は、「発音」「文法」「文の内容理解」「訳文」など、問題がカテゴリ別になっていて、カテゴリごとに解くコツも書いてくれています。苦手なカテゴリは解説を読みつつ、問題を4回くらい繰り返し解きました。仕上げに模擬問題に取り組みました。

とにかく量が多いです。字が小さいやら文字が茶色で読みにくいというのは、私個人的には気になりませんでしたよ。本屋さんで確かめてみてくださいね。

過去問を見れば分かりますが、この対策本が出た頃に比べて出題傾向が変わってきているようです。例えば「文章を聞いて、当てはまる絵を選ぶ問題」は載っていませんが、最近は絵を選ぶ問題が出ています。他にも変更点がちらほら。より完璧な対策をするには過去問も必要かもしれません。過去問は私の対策本3冊目です。それについては後日。

今回紹介した対策本は、「問題をとにかく沢山といて自信をつけたい」という方にはオススメします。

2016/04/20、過去問についてのエントリー追記しました→

2016/05/18 以下も参考になれば幸いです。

その正解、曖昧な正解ではありませんか?

過去問も解いた方がいいです、ハングル検定!

シェアする

フォローする