目標にいろいろ詰め込みすぎてキャパオーバー

最近、7月頭に立てた目標が自分のキャパシティをオーバーしていることが分かった気がします。<参考>7月の学習目標~主にTOPIK対策~

  1. 쓰기対策 前田先生の著書で、作文(意見文)の書き方を基礎から固めます。
  2. 듣기対策 主に過去問で듣기のスピードに慣れ、選択肢を早く読む訓練をします。
  3. 읽기対策   先日終えた李昌圭さん著の問題集を復習していきます。

と書いています。

7月も半ばにさしかかっているのに、優先順位の1と2で飽和状態です。3にいたっては一つもやっていません。

韓国語能力試験TOPIK II 作文完全対策

↑これで쓰기対策をしています。ほぼ毎日していました。昨日さぼったけど。今、「テクニック編」の「必ず知っておきたい語彙」の前あたりです。覚えるのが大変で肝心の「実践編」にまだ進めていません(>_<)

しかも、19日(スカイプレッスンが半額バックの日)に向けて、吉本ばななの小説をこれから読む予習をそろそろしなければ…。

でも、ドラマのディクテーションは週末にやっている。だって、趣味で楽しすぎるから。あれ?でも答え合わせきちんとしてなくないっけ・・・?(←抜けの多い最近の私)。

こんなに「〇〇してない!」と書くと、嘆いているように聞こえるのですが、今日の結論はこういう嘆きを書き連ねることではありません。

学生時代に私がどうやって計画倒れを防いだか思い出してみました。計画に余裕を作って「予備日」を設けることです。

何か急用が入ったりして計画通り勉強できない時はありますよね。そういう時のために「予備日」をいうものを設けていました。

その「予備日」に日頃できなかった勉強をすませ、計画倒れや、それによるモチベーション低下を防いでいたのです。

また、途中で計画を変更するのもアリかなあと今は思います。計画通りやるのが目標ではりませんからね。あくまでも計画は目標を達成するために自分が作ったものです。

今月は予備日は作っていないし、もともと詰め込みすぎかなという自覚があったので、計画変更になりそうです。

今思っているのは、1~3に関しては7月全体と通して守る。吉本ばななの小説の韓国語版を読むレッスンがあるので、それの予習はする。ですが、ドラマのディクテーションをしばらく休んでTOPIKの勉強を優先。

ドラマでスカイプレッスンは今月はお休みすること。

自分のためにやっているから、これくらいの変更はそんなに別に支障ないでしょう。本来の目的を見失わないようにがんばります。

シェアする

フォローする