【危険】あまり真似しないで下さい~コンディションの悪い日~

今日の内容は私が実験で試してみた結果であり、まだ明確な結論も出ていません。安易に真似をすると実践する人の健康やコンディションを害する恐れもありますので、ご注意を!←ちょっと大袈裟?!

よっぽどコンディション調整に自信ある人は大丈夫だと思いますが、日頃どんなに自己管理を徹底していても、人間なので当日どんな体調になるか分かりません。

私は負けず嫌いなので「持病のせいで体調が悪くて、勉強も十分にできず落ちた」と言いたくないので、午前中は起き上がれないくらい体調が悪かったのですが、それをおして第35回읽기を70分時間を計って解きました。

目的はコンディションの悪い中で自分が実力をどのくらい発揮できるかを試したかったからです。また、本番で万が一そうなった時、どう対応するかを実験してみました。

結果、

頭が重く、ハングルを読んでいても脳にインプットされないので、問題文を読んで、選択肢4つ読んで、また問題文読んで・・・と、かなりの時間のロス。

また、推測の効く漢字語を推測する思考力も落ちている。さらに、マークシートの同じ所を塗っていて、1つずらしていてマークしていて塗り直しに焦り(さらに2分くらいロス)、35問目でギブアップ。時間が余ってていても集中力が切れて36問目以降、テキトーに塗りつぶしました。

60点と言いたいところですけれど、

そのうち6問は、36問目以降のテキトーに塗りつぶした問題が運よく正解して6問(12点)獲得したためであって、仮にそれが全部はずれたとすれば48点です。

これは危ない点数です。50点以上はキープしたかったのに、やはりマークずらしてたりする辺りでかなり集中力がなかったことが分かります。体調不良だと、実力を出すのは難しいです、私の場合。

だから、1、なるべく推測しなくても単語はスルっと出てくるように語彙力増強。本番でもしコンディションが悪い時は、2、マークシートのズレに注意3、問題文をぼんやり読まないように丁寧に解いていく、ということにします。

本当はこんな状態にならないようにするのが当たり前なのかもしれません。今、いくらか状態いいのでブログ書いています。一歩間違ったら明日に悪影響を及ぼすので、明日の状態も様子見します。危険なのであまり真似しないでください<(_ _)> ←じゃあ書くなよと言われそう。

シェアする

フォローする