韓国ドラマの字幕つけ(映像翻訳)で暴走中!

趣味の「韓国ドラマのディクテーション」(パダスギ、書き起こし、セリフ起こし、文字起こし)がますます暴走しています。字幕つけ、やってまーす。

先日も書いたように、CafetalkのYoko先生の 映像翻訳の基本☆ドラマ編 の枠で教えてもらっています。

第1回目は、マニュアルをもらってルールの確認をしたのみでしたが、第2回からはいよいよ字幕付けに入っています。

前に挙げた動画の後半の半分でレッスンをしました。ドラマは「ピノキオ」です。

↑Yoko先生によるマニュアル

14ページもあるマニュアルのルールが全て頭に入っていなかったため、字幕をYoko先生に確認してもらったら、たくさん直されました^^;;

添削されたエクセルファイルを一部だけお見せするとこんな感じ。

水色の〇(マル)のところが、先生にチェックされたセルです。マウスを当てると、緑色の四角のように、先生からのチェックが見られるようになっています。ハコを2つに、などのように。

今回、特に注意されたのは、語尾が3つ続けて「~ます」になってますよ~ということでした。字幕ルールに「表現と語尾の重複はさける」とあったんです。それを見落としていました…。めっちゃ語尾が重複してますよね^^;;

冒頭から「~ます」を三連発もしていました。(図の赤いアンダーライン

その他、

  • ヨコ字幕は横に14文字までというルールがあるにも拘らず15文字になっているハコがあったり、
  • 入れなくてよいのに、不必要な「――(ダッシュ)」を入れていたりして、指摘されました…。
  • 反対に、言いよどみで「…(3点リーダー)」が必要なのに入っていないとか、
  • 「嘘」は「ウソ」とカタカナ表記するのに、それを忘れていたというのも。

などなど、めっちゃ直されたけれれども、めちゃくちゃ楽しかったです。先生の訳を聞いて「ほお~!さすがプロ!」と思いました。

次は、大人気のドラマ「トッケビ」を使う予定です。これ、セリフで言葉遊びみたいなこと言ってたりするので、字幕翻訳では悩みます。文字数制限もあるのに、原語を生かして、言葉遊びみたいなこと表現するなんて、できるのでしょうか…。

たまに、ドラマで無理矢理感のある字幕を見かけます…(例:「宮廷女官チャングムの誓い」で、배(舟)が…とカンドックの言ったセリフを、「、舟が…」「何?くつう?」と訳していたのに、無理矢理感を感じました)※배には舟や腹という意味があるので。

翻訳者泣かせな感じですが、楽しみながら悩む予定です(笑)。

シェアする

フォローする