オタク気味ドラマディクテーション、時々行き詰まる。

おはようございます。毎週土曜日、オタク気味韓国ドラマでディクテーション(マニアックドラマディクテ、書き起こし、パダスギ、セリフ起こし)をして、一人で楽しんでいるみゅりえです。

先週土曜日は、「いとしのソヨン」の最終回で起こしをやりました。大抵は、台本があったり、ネイティブ、ネイティブ級の方がハングルに起こしてくれているスクリプトがあるシーンを選んでいます。それは答え合わせをするためです。

私の場合は毎週テキトーにピンとくるシーンを選ぶため、スクリプトがない場合もあります。答え合わせできてくてモヤモヤしたまま寝かしておいて、後で聞いて聞き取れた時の喜びもまた格別なものがあります。でもできればスクリプトほしい…。

話が逸れているので軌道修正します。土曜日のはスクリプトがなかったのですが、親切な方が私に教えてくださいました。そして、それは話の流れからおそらく正しいと思います。

우리 목공소 사장이 여기 답사주지미랑(←?) 아는 사이라 절 수리하러 왔어거든.

私は最初上のように書き取りました。下線 の部分がさっぱり分かりませんでした。意味不明です。

その後…

우리 목공소 사장님이 여기 탑사주지 심밀한 아는 사이라 절 수리하러 왔어거든.

朝鮮語辞典に탑사が載っていなかったので、韓韓辞典で探してココまで自力でやりました。

でも 심밀한 の部分が何か変だなあと思っていました。だって「親密な知ってる仲なので(親密な知り合いなので)」って何か変ですよね?知り合いって「親密」なの?ってね・・・。

すると、どうも次のようです。

우리 목공소 사장님이 여기 여기 탑사 주지스님이 아는 사이라 절 수리하러 왔어거든.

「たpさじゅじしんみらん」と聞こえてしまいます。「すにみらん」とどうしても聞き取れません(>_<)

台本と突合せしていてもこういうパターンは時々あります。音自体が聞こえないのですよ…。内容からして、寺の住職なので스님が出てくるのは後から考えれば当たりはつくのですがねえ。

これでは答えがないといつまでたっても聞き取ることができません。解決策はないものかな。やはり数をこなすことなのでしょうか・・・。今回の例でいえば、寺の住職なんだから스님をすぐ連想するくらい訓練するとか。

道のりが遠いです。がんばります。

シェアする

フォローする