韓国語上級表現ノート

図書館で前田真彦先生の名前で検索をかけたら、私の住んでいるところにも前田先生の本が1冊ありました。書庫にあったので職員の方が奥から出してきてくれました。私が想像したのと表紙が違っていました。

韓国語上級表現ノート。2001年の初版なのでかなり前のものですが、中身を少し見たら面白そうだったので借りて来ましたよ~。

ちなみに、私が想像していた表紙はオレンジと黄緑のもので、もう少し力をつけたら購入しようと思っていました。私はまだまだ中級の始めなので、上級の本を買うのはちょっと自信がありません。

でも、どんなものかな~って考えるくらいは別にしてもいいですよね?こういうとき図書館にあると助かります。もうこの本、中古でしか手に入らないみたいです。

黄緑とオレンジのはタイトルが似ているますが、そちらの中身はどうなっているのかしら・・・。

この本は、前田先生のホームページが元になっているようです。たぶん今はこの本が出版された時よりかなり進化しているかと思います。

さて、私がサラっと読んでみて思ったのは、体系的な感じではないのですが、豆知識として知っておくと便利だろうなという知識や、先生の個人的な感想も一緒に書いてくれているので印象に残りやすいなーという印象です。

最初は単語集です。

私が手帳をつけている話は以前書きました。「星占い」のことをハングルで書き込もうとしたんですが、星占いって韓国語でなんというか分からなかったんです。

この本にはしっかり載っていますよ。ただし、定着したいい方がないとしっかり載っています!별자리 우세、 별자리점、별자리풀이と3つ挙げられていました。ちなみに前田先生は全く興味ないそうです(笑)。

他、四字熟語、同字異義語・異字同義語、ことわざ・慣用句、世界の名作題名比較、韓国語学習術、通訳・翻訳ひとりごと…などが載っています。

世界の名作題名比較、面白いです!不思議の国のアリスは「이상한 나라의 앨리스」。이상한の広い意味について解説されています。

(今日、スカイプレッスンで、日本語小説の韓国語翻訳を読むレッスンを受けましたが、不思議だったの訳に「이상하다」が使われていて、先生に聞いたら「신기하다」という単語もあるんですがねって話にちょうどなったところだったので、詳しく知れてよかったです。)

確かに上級者向けかもしれませんが、読み物としてとても面白いし、隙間時間を利用して読んだり、1日1個読んだりしているとかなりの知識になる本なのではないかなって思いました。

オレンジと黄緑の本がこれの改訂版ならばほしいですね。

シェアする

フォローする