偶然会った韓国の人とおしゃべりしました

先日、ひょんなことから日本を旅している韓国の方とおしゃべりする機会が偶然ありました。私は、体を悪くしてから韓国に行ったことがないので(勉強する前には1回行ったことがある)、面と向かって韓国人と話すのは初めてでした^^;

その方は日本語もお上手だったので、時々日本語を交えながらですが、私の韓国語トークをすごく褒めてくださったので調子に乗ってしまいました。

また、手元にいつものらくがき帳があったのでTOPIK듣기の問題文のディクテーションを見せたら(っていうか、自己紹介に私に名前をらくがき帳に書いて説明したら、ディクテショーンを書きなぐっているページを見られ「それなんですか?」と聞かれた)…。

「こんな難しい文章読んでいるんですか?一人で勉強しているんですよね?」と、また褒められ、でもパダスギが間違いだらけなので添削までしていただき(一応、模範解答と答え合わせしていたのに尚間違いがあった・汗)、ありがたい限り。

その後、「これ読めますか?」と1冊の本を差し出されました。

이병률(イ・ビョンリュル/イ・ビョンニュル?)という詩人の「내 옆에 있는 사람」という写真集兼旅行エッセイのような内容でした。

一番最初の見開きの一説を、私が声に出して読み始めます。その後訳して、それを直してもらいながら読み進めました。原書だからもっと難しいと思ったら意外に読めた!途中分からないところは教えてもらいました。

その後、ちょっと間が空いたので本を少しの間借りて黙読させてもらったら、ロマンチックな内容の文章が美しい風景や、懐かしい景色の写真と共に散りばめられていました。

「この人の他の作品は出版されてますか?」と聞いたら

끌림」「바람이 분다 당신이 좋다」の2つも教えてもらいましたよ~。AmazonやBOOKOFFにあると思うって言ってたんだけど見つからなくて、教保文庫とか韓国のサイトだとありますね。体治って韓国行けたら買いたいな。いつになるやら^^; 通販だと送料がけっこうかかるからねえ。

キーっ、健康になって韓国旅行したいーーーと強く思いました。勉強もがんばりますが、病気治します~。

シェアする

フォローする