集中力を高めるために瞑想をやっています

勉強の集中力を高めるために私がやっていることのシェアです。後半で若干、スピリチュアルな話が混ざってくるので、そういうのが嫌いな人は流してくださいね~。

最近、「マインドフルネス」が流行っていますね!マインドフルネス=瞑想ではないと私は認識していますが、うまく言えないけど「今」に集中する心の訓練みたいなものかと思われます。

でも瞑想とマインドフルネスってセットで取り上げられることが多いようが気がします。(ここまではそんなにスピリチュアルではなく一般的かも)。

前に紹介した「自分を操る超集中力」という本でも、瞑想の効果が取り上げられています。

脳機能が拡大!眠りも深くなり、勝手に集中力が身につく。(P152)

とあります。

夏に偶然、瞑想でもやろうかなーと思ったら、周りからお誘いを受けたり、NHKでマインドフルネスの特集をやっているのを見たので、その後から寝る前に取り組んでいます。

後半で私が使っている本も紹介しますが、誘導音声にそって呼吸をしながら15分間やっています。

効果はスッと眠りに落ちるようになったことです。この間も書いたように、私はかなりの不眠症のため睡眠に関する悩みは完全には尽きていません。でもちょっとラクになりました。

加えて、勉強する際も以前より集中してできるようになったのか、周りに人がいるのが苦手=だからカフェ勉も苦手...だったのに、最近は周りに乱されることなく、スタバで1時間くらい集中できるようになりました。

実は私、引き寄せの法則というのをけっこう信じています(この辺りの話から若干スピリチュアル入ってきます^^;;) 引き寄せの類の本にも瞑想を勧めるものが多いです。

私が瞑想の際に使っている音声はこの本です。


引き寄せの法則 瞑想CDブック (引き寄せの法則シリーズ)

本の内容は正直、翻訳のせいなのか、内容がスピリチュアル過ぎるのか、私には難しくてよく分からないし、音声は英語なので聞き取れないしで、「息を吸って~。吐いて」に相当する英語しか分かりません(爆)。

帯に、CDを聞くだけで、願いがかなう!って書いてるけどそれは果たして…?!よくわかりませーん。

それでも呼吸をするリズムを教えてくれる音声があると、何もない状態よりはやりやすいです。また、瞑想の音楽はYou Tubeにいっぱい上がっていますので、自分の好きな音楽でやるのもいいかも。

韓国語の勉強だけでなく、毎日の生活全体でメリハリがついてきた気がしますので、ここに書いてみました~。

シェアする

フォローする