試験勉強などを1日5時間半はさすがにキツイ

今日は雑記です。ちょっと手抜きモード。すみません。朝から疲れています。

昨日、スカイプレッスンを2コマ予約していました。19日、すなわちトークの日で半額バックされる日だったので。

予習もそれにむけてかなりやって(1週間前から予習していました)、昨日1日トータルで5時間半勉強しました。

レッスン前は、

■吉本ばななの小説を韓国語で読むレッスンのために、訳&原文と比べて疑問に思った質問事項をまとめる&音読

■TOPIK対策に関しては第41回過去問を解きながら、分からない単語を辞書で調べてよく分からない文章をチェックしておく

ここまで予習。そういえば、レッスンがあるのに、朝勉で李昌圭さんのTOPIK対策の本で、朝6時からTOPIKノックをやっていましたね・・・。

夕方からレッスンを2コマ入れました。

17時からの吉本ばななの小説レッスンは楽しくて、かなり集中して先生との会話も盛り上がり、ヒートアップ。

私  「ここは〇〇って単語なのに、なんで韓国語では〇〇なんですかねえ~」

先生「〇〇って日本語的表現じゃないですか。〇〇って単語にもう〇〇って意味が含まれてるからだと思います」

こんな感じで、突っ込みを入れながら進んで行き、終了。すっごく楽しかったけど、その時点でかなり疲れていました。

ちょっと休憩を入れて、21時からは初めてTOPIKのレッスン。先生は韓国の方なので、なるべく韓国語で話すようにしようという意志はあっても、先生が日本語もできることに甘えてしまって、日本語で聞いたり・・・反省(>_<)。

TOPIKの問題を一緒に解いていきました。過去問には解説がないので、辞書で調べて自己解決したと思っていても私が勘違いしていた部分もけっこうあり、解説のありがたみを実感しました。

先生は「難しい単語なのに文脈から推測して正解するってすごいですね」などその都度褒めてくれるので調子に乗ってしまって、疲れも吹き飛び本気モードで授業を進めていました。

が、時折集中力が吹っ飛び、韓国語の説明が頭に入ってこず、焦ったりしたけど何とか終了。

終ってグッタリ・・・。

ドラマのディクテーションは何時間やっても平気なのに、試験勉強も入ってくるとインプットが多いせいか疲れたようです。

19日だからといって欲張って2コマ入れると、授業は楽しいけれど、その前後がちょっとキツイことが分かったので、ほどほどにすることにします。やはり、勉強のペース配分も大切ですね。

シェアする

フォローする