ミレの発音クリニック、予想外の展開にビックリ!

いよいよ今日は楽しみにしていた「ミレ韓国語学院」の単発発音クリニックの日でした。電話でもスカイプでもOKということでしたので、私は事前にスカイプでお願いしました。

でですね、ビックリ仰天したのは前田先生が担当だったこと!!

実は告知直後、しかも10時キッカリに申し込んだので、前田先生の枠も空いていました。ただ、毎朝動画を見て、さらに本も何冊も執筆している先生なので、緊張してしゃべれなくなると思って、今回は前田先生は諦めようと弱腰だった私…。

ところが、何のタイミングか因果か、スカイプ画面に現れたのは前田先生!(お写真を掲載してもよいとおっしゃっていたので遠慮なくアップします^^)

maeda-sensei

早速、「韓国語学習ジャーナルhana Vol. 11」のNEWS DIGESTの1を使って発音をチェックしてもらいました。

最初の1行目を読むと「はい、ストップ」と言われて、基本的な発音をあっちもこっちも直されました。とくに「2017년부터」の「ㅓ」が上手くできませんでした。「어」に戻ってやり直しです。「ㅓ」の時、私は口を横に引いてしまう癖があると指摘されました。

舌の移置に注意して、「아어아어아어…」の繰り返し。

「あくびをするようなイメージで」とおっしゃるで、実際先生の前であくびをする真似までして^^;、やっと一瞬発音できても、文章全体を通して読むと、細かいことが疎かになってしまいます。

他にも激音の時に息が出ていないとも指摘。ティッシュを口の前にあてて練習をしました。入門のラジオ講座を独学していた時以来です。つまり2年間、そういうことをやってなかったです(反省)。

激音は、音を強く発音するボリュームの問題というより、息を出すのだと言われました。だから、ヒソヒソ声でも激音は激音なんですね。私は勘違いしていたようです。

他にも「ng」の音も疎かだったみたい。とにかくここには全部書ききれません!

私の感想が、読んでくださっている方と共有できそうなことと言えば、「基本に忠実に丁寧に」でしょうか。楽器の演奏もそうですが、早くてスラスラだと一見上手に聞こえるので、私もその罠にはまっていました。

でも違うんです。細かな点をひとつひとつ丁寧に発音しても正しく、正しい発音の連続の結果、スラスラ~♪だと理想的なのですね。

私の音読200回予習は一体なんだったのでしょうか…(T_T)

間違った発音で読んでいても本当に、「百害あって一利なし」なのですね…。←hanaに書いてあった。

有意義な30分間でした。自分の癖を他人に指摘して頂けるのは、私のようなほぼ独学者には必要です。ほんの7行の文章でいろんなことが見えてきました。無駄にしないよう、これからは正しい音読50回を心掛けて、最後には100発100中を狙います!

シェアする

フォローする

コメント

  1. emirin より:

    韓国語の勉強とても参考になりました。これからも参考にさせて頂きたいと思います。

  2. みゅりえ より:

    emirinさんこんにちは~。お返事遅くなってすみません。
    参考になったのならばとても嬉しいです!。
    私の学習方法は、少々マニアックな傾向もありますが、
    ご自分に合う方法を見つける一助になれば幸いです^^。