単語は語尾や助詞を付けて覚えると効果アリ!

最近のブログのタイトルに「!」が多用されてますが、スルーしてください^^;。今日も引き続き、「NHK World Krean NEWS」について。単語を覚える時に心掛けていることを紹介します。といっても、「韓国語学習ジャーナルhana.vol5」でイム・チュヒさんがおっしゃっていたやり方です。

ニュースの聞き取る際、メモを取っているということは先日書きました。その時、動詞や形容詞などの用言に「語尾」をつけて覚えるようにしています。また写真を挙げて例を。※クリックで拡大、ブラウザの「戻る」で戻ります。

news_note

この日のメモを例にすると、水色のマルで囲んだところです。「おんぐぺっすむにだ」と聞こえました。分からなかったので「おんぐp했습니다」とメモを取りました。そして答え合わせした後に「언급했습니다(言及した)」だと分かりました。

「언급=言及」という単体で覚えていると、「おnぐぺっすむにだ」と聞こえてもなかなか結び付きにくいのではないでしょうか?上のように「~했습니다」などを合体して覚えるようにすると、「ぺっすむにだ」と聞こえた時、「〇〇p했습니다」かな?って予想がつきやすくなるんです。

例えば、「といっぱごいんぬん」と聞こえたら「〇〇p하고 있는」と予測して、「도입하고 있는=導入している」に結び付けます。 同様に、「지원하고 있는(支援している)」や「선언했습니다(宣言した)」など多くの動詞をこうやって覚えました。

それから名詞には助詞をつけて覚えています。「감염이=感染が」と覚えると、綴り字を覚える際に「염」のパッチムが「ㅁ(ミウム)」だということが自然に頭に入ってきますよね。TOPIKの作文で環境汚染の文章を作文する時など(そういう問題が出るかは分かりませんが)、もし汚染の「染」のパッチムをド忘れしても、「染」は「염」だと分かります。

私は単語単体でも覚えられる方かと思いますけれど、やはりこちらの方が断然頭に残りやすいです。

以下、補足。ニュースのメモにも必ず日付を付けて、いつのニュースか分かるようにしています(画像の左上の四角で囲んだところ)。また、聞き取れたところにはOKマークを。主に数字の聞き取りが正しいかどうかに私は「OK」と書き入れてますね(画像黄色印)。それから、スクリプトで見つからなかった不明な表現には「?」マークを付けておきます(画像赤印)。

ニュースやラジオ、ドラマなどを通して勉強していますけれども、「NHK World Krean NEWS」はやはりお気に入りです♪ ただ、画像を見ればお分かりの通り、ハングルは少し…。基本日本語で、アルファベットが混じるわ、ハングル混じるわ、ひらがな、カタカナ混じりすぎ^^;目標はハングルでメモを取ることです!

尚、イム・チュヒさんとhana編集部のとんそく子さんの練習の様子がCDに収録されていますので、リンクを貼っておきます。この本のP133-134ページのアドバイスを参考にしました。→ 韓国語学習ジャーナルhana Vol. 05

シェアする

フォローする