カフェ勉がニガテな私…

さて、いつだったかな?ハン検3級の試験中に周囲に心を乱され、焦ってしまったということを書きました。周囲のせいにするのではなく、「自分が周りに振り回されすぎ」と自覚して、カフェ勉を積極的にして、うるさい中でも勉強しようとしました。

…。

挫折しました。あ、でもまだ1回しか試していません。

なんというか、ソワソワして落ち着かないんですね。ちなみにスタバでやってみました。朝の人の少ない時間帯に。すると英語らしき辞書を広げてカフェ勉やってる人もいました。辞書を広げてやるくらいなので本格的だと思いました。

一方私は、hanaの「漢字ア・ラ・カルト」のページをやるつもりで持って行ったにも関わらず、まったく集中できなかったのです。16問中15問不正解でした。←間違えすぎ。カフェ勉のせいでなく単なる知識不足かも・・・?!

とにかく集中できません。カフェがニガテなワケではないんですよ!たまにわざとカフェで読書したり、友達としゃべりまくったりしますので。ただ、そこで勉強となると話が違ってくるのです。

思い起こせば高校生の頃、視聴覚室と図書室が自習部屋として開放されていました。どちらもエアコンがきいています。視聴覚室の方が人が多かったです。なぜか。視聴覚室は大学みたいな階段教室でした。

でも、私は図書室の一人ひとり仕切ってある個別机で勉強していました。っていうより、それより早く家に帰って勉強したいと思っていました。電車の本数がかなり少ない田舎でしたので、時刻までどこかで勉強するしかなかったんです。

もうこの頃から、「自宅で勉強」と刻まれてしまったようです。他のところだとソワソワザワザワ。だから大学受験で第一志望に落ちたのかな?!

本番に弱いのを自覚しています。たぶん、自宅でだけ勉強するので、いつもと違った空間を無意識に嫌がってしまう自分がいるのかもしれません。

1回は挫折してしまったけれども、今後もカフェ勉(カフェでなくても図書館の自習スペースなど)をわざと利用して、自宅以外で集中できるようになりたいです~。

シェアする

フォローする