青ペンって本当に勉強に効果あるのかな?

hi-tec-1

いきなり写真から入りま~す。都市伝説のようにも聞こえる「青ペンの効果」って本当なんでしょうか?

実は上の写真は、最近使い切った青ペンです。青ペンが勉強や記憶に効果があるというのを聞く以前から、私は勉強する時に青ペンを使ってきました。中学生の頃からです。

理由は単に青が好きだから先生たちの中には不思議な顔をする人もいたように思えます。

ただし、全部青では書きません。基本的な字は黒いシャープペンです。答え合わせで〇を付けるのは青ペン。ミスった問題で、横に正しい数式を書くのは青ペン。ノートで強調したい字も青ペン。そんな学生生活を送りました。大学卒業まで。

今も韓国語学習時に青ペンをけっこう使っています(手帳は、以前書いたように5色です)。青だけではく、青系でまとめたりします。

で、結果を早く言えって思われてますかね?^^;

う~ん、かれこれ十数年前からの習慣なので、私には真偽の程は分かりません。ごめんなさい。全部青ペンで書かなかったからでしょうか、私は第一志望の大学に落ちてます(笑)。

でも、他には試験で落ちたことはないかなあ~?大学に入ってから英検も落ちたことないし、単位も落としてないし、社会人になってからも、割と難しいと言われているデザイン&印刷系の試験も受けましたが合格。ハン検もまだ落ちた経験なし。

どうなんでしょうね~。好きな色で記憶に残ればいいってことですかね。私は単に青が好きなので使っています。オチがいまいちしっくりこなくてごめんなさい。でも、こんな本まで出ていますよ。

頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法

ちょっと読んでみたいけど、レビュー読むだけで面白いですね。暇な時に読んでみようと思います。

※ブログにアップしたニュースの書き取りのノートに、ピンクのペンで書き込んでいたのは、単に青と水色を切らしていて、ピンクしかなかったときのページだからです!

シェアする

フォローする