韓国語でつけてる手帳その後のその後

今日は学習アイテムの話題です。韓国語でつけている手帳のことをブログのネタにして、なるべく続けるべく、がんばっています^^;

8月も終わりが近づいてきましたね!。今日は久しぶりにゆっくりできたので、手帳を見ながら自分を振り返ること約2時間。7月に決意したのに(7月は手帳が真っ白けっけ~参照)、8月もほぼ白い私の手帳・・・。

少し話が逸れますが、実は私は8月初旬、10年以上書いてきた日記を捨てたんです。そしたら、嘘のように人間関係がめまぐるしく変化しました。イベントや出会いなどが増えました。持ち物もガラケーからスマホに。突っ走ったので体調はお疲れ気味です。

話を戻して私の手帳ですが、8月は今までにない体験をしたので、書いてなくても脳が覚えています。だから、今日はまとめて韓国語で書き込みながら振り返りました。今までにないことが多く、単語も当然知らないものがザクザク。調べながら書き込んでいきました~

中身はこんな感じ(個人情報や位置情報はぼかし加工ています)↓クリックで拡大、ブラウザの「戻る」で戻ります。

薬のチェックボックスを書き込んだことで毎日服薬を忘れなくなったのもあり、年度初めよりだいぶ体調は改善されてきました。

先日などは、スタバで「アンケート」付きのなが~いレシートが出てきて、アンケートに答えるとトールサイズが何でも無料っていうラッキーなことが起こりました。私、懸賞など当らない方なのに当たった!!(噂によると、当たる確率1500人に1人だそうです)

それからおとといは偶然、韓国の人を面と向かって話す機会に恵まれ、その人からイビョンニュルさんという韓国の詩人の本を教えてもらって読んだり、オススメ映画を聞いたりできました。

ヘミン和尚のお言葉の書き写しは正直、ペースダウンしています。でも、響かない言葉を無理に書く必要はないかなって思うので週1くらいの頻度で書き込んでいます。

以前書いたように、色分けはさとうめぐみさんの手帳セラピーに則っています(さとうめぐみさんは手帳術の達人で、韓国語とは直接関係はありません)。私が勝手に韓国語手帳に応用しています。参考にしているのはこの本です。

まとまりのない投稿ですみません。つまりは、日記を捨てたら生活いい方向に激変!したがって手帳の内容も変化→書き込む単語も変化→日常的な語彙増強、みたいな感じで学習に役立っています!!

シェアする

フォローする