最近、朝勉を時々やっています

ここ数日、プライベートがバタバタしていて夜は疲れ切っていて勉強をしっかりできていませんでした。情けない話ですが、無理の効かない体でして、医者からも「調子に乗らないように」と言われているので昨日は思い切って20時には寝ました。

それで、本題。ここ10日間くらい「朝勉」を取り入れるようになりました。周りに朝勉をやっている人たちが増えてきたので。いや、そういう方のブログに読者登録したせいもあるかも??

もともと夜になるとエンジンがかかってくるタイプなので、最初は「朝勉は向いていないかも」と思いましたが、やり方によっては私個人的によさそうな方法を見つけました。

それは「確認」または「復習」です。
韓国語能力試験合格対策講座2 NEW TOPIKII 3級~6級 読解編

相変わらずこの本を進めています。中級部分がもう少しで終わると書いた割に、最近の自分のキャパ飽和状態のために、なかなか新しい問題へは進めなくて、予定より遅れています。

そこで、朝、今まで解いた問題の復習をしています。復習なので1回目ほど時間がかかりません。さらに、復習の際も怪しかった単語は、先日書いたやり方で(単語帳に書き込む単語を見直しました)、

単語帳に書き出し。復習ですと、分からない単語は1回目に解いた時の4分の1~5分の1に減っていますので、やはり、厳選して書き込むと時間と労力の短縮になっています。だから朝、短い時間でできて効率的だと思います。

何かの本で、夜は暗記ものをやって、脳に定着させるのがよいと書いているのを読んだことがあります。だから、朝は、覚えているかどうかのチェックをやったらいいかなあ?と思ったというのも理由の一つです。

今朝も6時半頃から、읽기の「文の並べ替え問題」を20問くらいダダダーっと解きました(この問題集には過去問もいくつか載っているので便利)。約10個分からない単語があったので単語帳に書き込み。50分で終わりました。

インプット的な勉強は夜にやって、朝に確認という流れで、これからも朝は復習タイムにあてようと思っています!

シェアする

フォローする