石にかじりついてでもできない時は…

学習法でも韓国語でもなく、勉強に対する姿勢の記事です!

あまり言い訳がましいことを書きたくないんですが、ワタクシ持病がありまして時々勉強ができなくなります・・・。でもって、その時というのは、もんのすごく悔しくて、「やらなきゃ!」「今日休むと取り戻すのに3日かかる!!」と焦ります。

(昔、吹奏楽やってまして「1日休めば音を取り戻す3日かかる」と根拠のあるのかないのか分からない教えを口うるさく言われていたもので、それが未だに根強く刻まれているのです。)

今、普段の持病に加え、風邪を引いた上にリンパが腫れ、肩こり背中凝り、首痛みで、自分の体を誰かと取り替えたいくらい苦しいです。

昨日病院に行って、吸入をしたのでラクになったのをいいことに、調子にのってドラマのディクテーションを3時間半くらいやってしまいました+ニュース聞き取り。心はハッピーで満たされたのですけれど、今日はこんなありさまです。ぐるじい・・・

こういうときは、自己啓発本を一発読みまして、悔しい自分の心を抑えます。

また、休みたいときは休みましょう。(中略)そうして、自分の心と身体を心地よい状態に保ち心の喜びを感じれば感じるほど、仕事のパフォーマンスというのは上がっていくのです。また、アイディアも降りてきます。(中略)明日できることは、明日やることにして、「今どうしたいのか」ということを優先させていきましょう。

奥平亜美衣著「人生が輝く引き寄せパワー」より引用(P183)

タイトルがちょっと怪しいスピリチュアル?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの本を読んで焦る自分をなだめています。仕事もそうですが、体調が悪いと頭に入らないので・・・。

家で勉強しているから他人にうつすことはないけれど、この満身創痍(おおげさ)の体に鞭うってまでTOPIKの勉強とかドラマのディクテの答え合わせを「今」しなければならない理由がありません。

そして私自身、心は「勉強したい~」という気持ちであふれているのです。ただ、体がついていかなくてできない・・・。なので、今日は土曜日なのにちょいと休んで、NHKのハングルニュースを聞く程度にして、思い切って休みます!できるかな・・・?

シェアする

フォローする