少しずつ上昇していると信じて~スランプから1年~

SutudyPlas(学習記録アプリ)の自分の過去ログを見ていて気づいたのですが、「スランプだ~」と嘆くつぶやきを書き込んでから1年ちょっとたってしまっていました。

はっきり言って&正直に言って、1年前に減った学習時間は、そのまんま平行線。毎日もやらなくなってしまいました。

Cafetalk(スカイプレッスン)に、わざとレッスンをリクエストし、「先生と一緒にがんばろう!」と、何とか食いついています。これは週1~2回くらい。

予習と復習をするので、まあ、週4回くらいの学習頻度になるのかな、今は…。

以前リンクを貼った、

「苦悩の中で見えてきたこと」 ー「おでんの会」 参加者、田中さんへのインタビューー

by 他力本願ネット

田中さんの記事を何度も読み返し、語学学習はリハビリになる!と信じていますので、やめようと思ったことはありません。

このブログの田中さんが、

精神科病院の作業療法では、折紙や切絵などしかやらせてもらえないのが現状です。

とおっしゃっているんですが、すごく分かります。私は病気のため、福祉にお世話になって、週数回、障害者就労支援施設(こういうところ)に通っているんですが、確かに、簡単であまり手応えのない作業の連続です。←この部分、語弊があるかもしれないので、少し言い直すと、あくまでも私にとっての場合です。単に私に合っていないのかも。お気を悪くされた方、すみません。(2018/10/13追記)

でも今はまだ普通のお勤めはできないので仕方がありません。…。

(折紙もバラを折れば達成感もあるし、切り絵も力加減が難しくて、細かい絵にしようとすると難しいです。塗り絵でさえ、同系色とか補色とか…色の組み合わせとか考えます。←これらは就労支援施設の前に行ってた自立支援組織でやった作業の内容。簡単な作業をバカにしているつもりは、絶対に(!!) ないので、誤解なさらないでくださいませ。

ライターの仕事もいくつか掛け持ちしていて、家でコツコツかいて、そして勉強もして…という感じです。何がいいたいのか自分でもわかんなくなってきた(笑)。

スランプの人たちには、「完璧にできなくてもいいですよ~」と私は言いたい。「自分を責めなくていいよ~」と自分にもいいたいし、学習スランプに陥っている人にも言いたいです。

唐突ですが、韓国ドラマの字幕付けの勉強もしています。ピーターパン症候群か??、私…。

これが次の課題でーす。レッスンでは映像に字幕載せるまではやりません。私がムービーメーカーで載せただけ。前より少しコツがつかめてきました。

シェアする

フォローする