慣用句とことわざをどうやって勉強しよう?

最近TOPIK関連のことが多くなっていて、記事に偏りが生じていますね^^;どうかご容赦ください。ネタがないんです(笑)。

新しく買ったTOPIKの問題集、コレ↓ですが、着々と進めておりまして、問題だけ解く分にはもうすぐ中級部分が終わります。
韓国語能力試験合格対策講座2 NEW TOPIKII 3級~6級 読解編

ただねえ、읽기の中級範囲の読解に1問、慣用句もしくはことわざが出題されるんですよね。その対策のために、この対策本には、既出のことわざリストと、中級で覚えておくべき慣用句リストが掲載されています。

これがまた多いんですわ~(>_<)。特に慣用句。ハン検3級でも慣用句が分からなくて間違えました。でも、その問題だけ確かめて「これから慣用句を強化しよう!」などとは思わなかったので・・・、ニガテです。

時々、比喩のようになってる慣用句があって、考えれば意味を推測できるのもあるけど、TOPIKは、何といってもスピードが要求されています。4つの選択肢の慣用句やことわざをいちいち推測していたら、この1問にものすごい時間がかかってしまいます。

まだ試験まで時間はあるので、できる範囲で覚えていく方がいいのか、配点2点なので思い切って捨てて、他の読解問題を読むスピードを上げるのに重点を置くか迷っています。

長い目で見れば、知識や語彙が豊富なのに越したことはないので覚えていく方がいいとは思います。ただ、試験があるので・・・。

もうちょっと早くTOPIKの問題の全体像をつかんでおけば、冬くらいから少しずつ覚えていたのになんて思うけど、もう遅い。今考えているのは、あまり完璧に慣用句を仕上げようとしなくても、隙間時間に慣用句リストを持ち歩いてちょこちょこ暗記すること。

家で勉強する時は他の読解問題を解きまくって読むスピードを上げていくこと。この方法で少しの間やってみる予定です。

シェアする

フォローする