7月から쓰기対策を始める予定です

TOPIKの쓰기、すなわち作文対策は今まで放置してきました。どんなもので、配点がどのくらいかくらいは頭に入れて来ましたが・・・。そもそも읽기と듣기対策でかなり飽和状態でしたので^^;

病状が悪化して予定より遅くなりましたけれども、李昌圭さん著のこの本↓は、今夜、もし体調が上向きになって、4問解くことができれば中級部分は終わりそうです。

韓国語能力試験合格対策講座2 NEW TOPIKII 3級~6級 読解編

上の茶色の本は읽기対策だけのものです。쓰기については、誰かに添削してもらう以前に、まず、できるところまでは自分で書けるようになりたいので、評判のいい前田先生著の本を買って来ました。

韓国語能力試験TOPIK II 作文完全対策

まだパラパラめくってみた程度であるものの、よさそうです。例えば、テクニック編の章にハンダ体の作り方と練習問題が載っています。あやふやなのでこういう基礎的なことから解説してくれるのは非常に助かります。

それから、作文に使える文中・文末表現が一覧になっています。韓国語で固い文章を書いたことがない私にとっては、これらを使えば表現の幅が広がりそうです。

実は、自分の意見を韓国語で書いたことがほとんどありません(恥)。1回もないかも。1本短編小説を書いてCafetalkの先生に提出したことはあります。でもあれは、小説であって意見文ではありませんので。

あ!それから、前田先生の著書はこの本に限らないかもしれませんが、「あとがき」のようなものがあって、その点、すごく気に入っています。1冊やり切った時、「あとがき」の文章があることは独学者には大きな励みになるものです。

TOPIKまで4か月は切っています。早く始めなかったことを若干後悔しながらも、残りの日を大切にして、쓰기では最低30点を目標にがんばるつもりです。特に7月は쓰기に力を入れていきます。

シェアする

フォローする