쓰기53番、こうやって勉強しています

今日はTOPIK2の쓰기53番の勉強方法を公開します。といっても、私はまだ受験したことがないので、これでいいかどうかは分かりません^^;

韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策

この本も模擬問題1の쓰기53番の学習の様子です。テレビの長所と短所の問題ね。

いつものようにノートは作っていないので、作文を書く枠線は、前田先生の韓国語能力試験TOPIK II 作文完全対策の原稿用紙をコピーして、上の部分を手前に折りこんで、左に自分の解答、右(本来は54番の解答欄)に模範解答を書き写しています。

それが写真です。サイズが大きい写真なので、クリックで拡大、ブラウザの「戻る」で戻る設定にしてあります。

左ページの写真

右ページの写真

私の解答、おそらく文法などメチャクチャなので、「なんじゃこりゃ」って笑ってください(笑)。しかも、模範解答を書く写しているのに、時々分かち書きがおかしいですね。何やってるんだろう・・・(汗)。

改行の兼合いが上手くいかないからか、模範解答は原稿用紙からはみ出てしまいました。でもたぶんこれは仕方がないことなのかな?

それに比べて私の解答は、まだまだ空欄が多いですね。200字~300字以内で書くのだからもうちょっと膨らませられれば・・・と思っています。

スカイプの先生に尋ねたところ、過去問の作文を見てくれるとおっしゃっていたので、19日(トークの日)にまたレッスンを受けます。

できれば事前に書いて先生に作文を送り、レッスン中に修正してもらいながら、一緒に正しい表現などを見ていく予定です。今日は画像アップに時間かかったのでこれで終わります。

シェアする

フォローする