쓰기53番はグラフと長短所の問題だけではないのかな?

쓰기53番対策も後半になってきて(仕上げを除く)、過去問をペラってめくって慌てました。

「グラフでも長短所の問題でもない?!あれれ?」

第37回の쓰기53番の話です。マスメディアを3種類に分けた図が書かれてあります。見たことのない形式で慌てました。

ちなみにこれは、あさってスカイプレッスンで見てもらう予定なのでまだ実際に書いてはいません。でもどうやってまとめるのだろうか^^;

先日のエントリーで(自分は쓰기で一体何点獲れるのか?)、「53番は、長所と短所を読み取って作文するか、グラフから数値を読み取って作文するかという内容だと把握しています。」なんて書いてしましましたが、そうでもないのかな??(自信がないので薄いピンクで書きました・笑)

前田先生の本(韓国語能力試験TOPIK II 作文完全対策)では53番を、タイプ2-aタイプ2-bに分けていて、タイプ2-aがグラフタイプ2-bが長所&短所(または相反する2つの意見から自分の意見を述べる)の問題となっていました。

韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策に置いては、模擬試験3つとも、53番は長所&短所から意見を書く問題です。

でも第37回過去問は一見どっちでもないですよ!見慣れない図を目にして焦ってしまいます。でも、どちらかというとグラフから読み取る問題に近いかなあ~という印象です。←私自身よく分かっていませんので注意!。

第41回過去問を見ますとグラフの問題ですね・・・。公開されている4つの過去問うちの2つしか見ていません。残りの2つはどうなっているのかな?

いずれにしろ、ここは「絶対こう出る」みたいな頭でいると予想外の展開で焦ってしまうかもしれないので、どんな形であっても書けるように対策しておきたいと思います。できたら長所・短所がいいんだけどね・・・。理由は単に、私がその方が書きやすいかたです。

シェアする

フォローする