過去問を解きまくる時期になりました

最近は、TOPIKの対策本および問題集ではなく、もっぱら過去問を解いて答え合わせする勉強をやっています。NHK World Krean NEWSもサボっています。で、今日は第35回듣기の過去問に取り組みました。

私はできたら4級を獲りたいのですが、作文で必要な点数を獲れる自信がないので、듣기と읽기でそれぞれ60点台を目指しています。でも、今までいくらやっても54点とか・・・この前읽기でやっと58点になってすごく嬉しかったけど、まだ目標には届かない状態でした。

それが今日第35回듣기の過去問の結果・・・、

62点でした。

正直後半の高級問題は聞き取れるのと全くワケの分からない問題があってテキトーに塗りつぶしたので^^; 純粋にこの点数ではないです。それでも60点台に初めて乗って嬉しいです。

ただやはり、前半15問~20問目あたりの1回しか読んでくれないのに、やや難しめな問題、私は苦手なようです。以前に比べると間違いは減っては来ましたが・・・。

大事にしているのは答え合わせ。前に乗せたようにスクリプトにガンガンマーカーを引いてガンガン意味を書き込んで行っています(写真参照)。

黄色の蛍光マーカーは知らない単語。黄緑の蛍光マーカーは文字を見れば分かるのに解いてるとき分からなかった単語、または音変化していて聞き取れなかった単語。

topik-image-4

돕다に黄色いマーカーを引いている私のことは笑い飛ばしてください・・・。クリックすると拡大します。

右側に写っている解答用紙は、himeさんが作成してくださった解答用紙。ブログからダウンロードさせていただいきました(ありがとうございます)。韓国語能力試験(TOPIKⅠⅡ)解答用紙Newバージョン作りました♪使ってくださいね! by アラフォーから韓国マニアの果てなき野望!

その解答用紙の解答欄の横につけているチェック印は、もう一度音声を聞いて、スクリプトを見ながら答え合わせしたという印です正解した問題も勘であたってたら危険なので、よほど簡単な問題ではない限り全部振り返っています。ましてや私、初受験ですしね。

それから一つ気になっているのが、試験中は配布されるペンを使いますよね?1本の両端に太いのと細いのがあるのでしょうか??←知らない。もしそうなら塗りつぶしは太い方で塗るのかな?

でも、軽くメモったりるつのは細い方がいい・・・。ええ~?!なんか鉛筆じゃないのって不便じゃない?と思い始めています。今回はシャープペンで塗りましたけれど、ペンで練習しておかねば。

シェアする

フォローする

コメント

  1. へみ より:

    こちらでははじめまして。ペンは太いのと細いのがありますが、マークは太、作文は細だったと思います。以前はただのフェルトペンでしたが、作文は鉛筆でもOKでした。
    2つの細さのペンになってから2年ぐらいだったかと思いますよ。

    • みゅりえ より:

      へみさんへ

      こちらへのコメントありがとうございます!!太いのと細いのが1本になっているんですね。やはりマークが太で作文が細ですか…。作文もペンになっちゃったのは、受験者としてはやりにくいですね。大まかな書き直しはできないですしね。一発で書けるように訓練しておかないといけないですね。大変だわ。とほほ。