쓰기53番、こうやって勉強しています~その2~

その2を書くつもりはなかったのですが、やり方が1か月前と比べて変わってきているので書いておきますね。ちなみに前も書きましたが、TOPIK初受験のためこのやり方でいいかどうかは分かりません^^; ごめんなさい。

先日、なるべく本番に近い形で練習していきますで書いたように、新しく쓰기対策のノートを買いまして、それを使って作文の練習をするようになりました。書き味の似たペンと本番に持っていく予定の修正テープで。

バンキッシュノートA4(25字×32行) 146-742

ノートは、人気ブロガーhimeさんのブログで紹介されていた↑この緑色の方眼ノートを使っています。ざっとみると横線しかないように見えますが、よく見ると縦にも点線が入っていてマス目になっています。

53番の練習はこんな感じでーす(クリックで拡大、ブラウザの「戻る」で戻る)。ちなみに第35回の過去問のページです。

以前のと似ていますが、少しパワーアップしています。見開きを4つに区切ります。左上に問題のコピーを貼ります。その下に自分でまず作文をします(よく読むとけっこう模範解答に似ていますが、それは2回目だからです^^;)。

左下に模範解答を写します(コツはぼんやり書き写しちゃだめってことかなあ?)。最後に模範解答の中で、分からなかった単語や今後も使えそうな表現を、ピックアップして右上にデカデカと太ペンで書きます。

ノートを作って満足だと意味がありません。最近は、模範解答をパターン別に丸ごと覚えて、それを本番で思い出し、出題された問題に沿って少しいじろうと思っています。だから、この右下の模範解答は何度も音読!!

私は上級文法を使って54番を書くのはちょっと諦めているので53番でしっかり点数をとっていく予定です。54番ももちろん捨ててはいませんよ!ただ、私のレベルだと53番がカギかなって思うのでこんな風に勉強しています♪♪ 役立つか分からないけど久しぶりに学習方法の公開でした。

シェアする

フォローする