TOPIK2一人模擬試験の結果

ちょうど試験2週間前になったことですし、前々から10月上旬に仕上げとして過去問第47回を使って一人模擬試験をする予定でしたので、2日(日)、実施しました。

本番と同じ時間割で、同じ曜日に。場所は自宅ですが^^; TOPIK2です。

私はもともとTOPIKの過去問や、対策本付属の模試を解く場合、まず時間を計って解き、その後一問ずつ精査していくというやり方をしていますが、時間割まで本番に合わせたのは初めて。

듣기、쓰기、읽기を1セットでやったのも初めてです。

結果は、듣기54点、쓰기不明(自己採点できないため)、읽기68点。

4級(中級後半)を狙っていますが、この듣기54点っていうの危ないですねえ。最近、勉強時間が足りていないのが点数に現れました。

쓰기は、最初の51~52の穴埋めで一瞬何を穴埋めしたらいいのか頭真っ白になり、トンチンカンな答えを書いておりました。

「いやいや、違う!」と正解を閃いて、修正テープでダーっと消去したら、修正テープが斜めになって…。もう1回まっすぐに修正テープ。2重になったらめっちゃ書きにくい

次、53番(統計から読み取って作文)は見慣れない図でした。頭の中では整理できているのに、最低限の200字に届かない191字で終わってしまった。今さらどこか膨らませたくても、ペンで書いているので無理。

ラスボス54番に行きました。54を解こうとした時、もうあと15分しかなかった!急いでダーっと書いたら、なんとか構成はできたものの、最低600字書かないといけないのに400字くらいで終了してしまいました。

ここで休憩。しっかり休憩をとったので、읽기はサクサク~。新聞の見出し把握問題を解いている時点で30分くらい経過。35問目までは何とかいつもできていたけど、その後はやはり失速。分からない・・・。

分からない単語祭りのため、時間があまっているにも関わらず、最後の方はすべてテキトーに塗りつぶしました。

課題が残りました。쓰기はもうちょっと51~52のスピードを上げないと、気持ちが焦って、がんばれば書けるはずの53番で失速する。ドミノ倒しのように54にも悪影響。なので、쓰기は51~54番通して時間配分を考えて練習しないとね。って、もう2週間前・・・!!

このTOPIK2という試験、体力を消耗しますね。自宅模試でこうなら本番は一体どの程度なのかちょっと怖い今日この頃であります。

シェアする

フォローする