TOPIK쓰기最後の54番、どうしても600字に達しない

「試験前に不安を書き出すといい」と先日紹介した本で読み、実際にまだ書き出していませんが、心配なことがありました。

쓰기最後の54番です。中級狙いの私はまともには点数取ろうと思っていなくて、半分捨て気味、でも完全に捨ててはいないです。何とかちょっとでも書こうと思っていました。

でも、

1、問題文の単語すら分からなかったらどうしよう・・・

2、600字~700字で書かなければならないのに600字以上書けたことない。どうしよう・・・

1については、過去問をざっと見た限り、一つや2つ分からない単語があっても全然分からないということがなさそうなので、大丈夫と自分に言い聞かせています。

問題は2です。600字以上書けないんです。自分が書くと。500字が近くなるともう構成的にはまとめに入ってしまって、まとめに入るとそんなに膨らまないので(結論がダラダラしているのも何だし・・・)500字くらいで作文が終わってしまいます。

模範解答を見ると、表現豊かで「ああ、これいい意見だわ~」なーんて、読み手の立場で読んでしまいますが、これらを自分が書けないといけないんですよね^^;

〇字以上書かないと採点さえされないという噂?もあったようですが、その辺についてはHANAさんが問い合わせしてくださってホームページに回答を載せているので、そちらを参照してください。【TOPIK쓰기の採点の疑問について】TOPIKを管轄する国立国際教育院から回答きました

500字くらい書けば全く相手にされなくもないのかしら??と思って、今できる限りの力で500字とりあえず書こうかなって思っています(注:対策不足な私の間違った方法かもしれません。そのくらい書けばちょっとでも点数もらえるとか、誰にも分からないことなのであまり参考にしないように!)。

残りの1週間のどこかで、スカイプの先生に構成だけでも見てもらって、文章として破綻していないか、採点基準を満たしているかだけでもチェックしてもらおうかと思います。

文字数は今回の試験については諦めようと思います。今じたばたして飛躍するものでもないので。その時間があったら53番の統計から読み取って書く問題の方をもっと固めて行こうかと思っています。

というわけで、ラストの1週間は主に쓰기対策で行きます。耳がヘタらないように毎日の習慣のニュースの聞き取りなどは通常通りやります。

シェアする

フォローする