春のTOPIKの試験会場がうちの県にも!!

昨日、かじりたてのハングルさんで、次回のTOPIKの詳細が発表されていると読みました。韓国教育財団のページを開きました。「どうせうちの県では開催されないし~」とか思って見てみると(試験日と時間・会場ページ)…

あった…!

嬉しい!うれしすぎる!!もうほとんど諦めていたので。

ただし、

※試験会場は都合により変更となる場合もあります。
※各試験会場ごとに最小催行人数が設けられました。
各地域の級別出願者が5人未満の場合、中止となります。

だそうです。中止だけは避けてほしいな。お願いだから5人以上集まってほしい。

前回受けた時、帰りのバスで試験を受けた大学生らしき女の子たちの声が聞こえてきたのですが「ねえ、次、〇〇までいく?試験料より高くない?」とか言っていました。

つまり、県外に受けにいく気もある人たちだったのです。だから、そういうやる気のある人たちもいるはずなので、5人以上集まることを祈るばかりです。

地元で受けられさえすれば、体調の心配は半分くらい減りますし、往復2万かけて新幹線で行く費用もかかりません。ちなみに地元だとバス代170円!この差は大きい。

そして、何といっても体調はホント、深刻な問題なんですよ。4か月先に自分がどんな状態なのかなどわかりません(波がある病気です)。

というわけで、俄然意欲が湧いてきました。明日はhimeさんの新刊も発売されます。なんとタイミングがいいのでしょうか。購入予定です。

TOPIKIIに合格するノート

でも、試験対策と、「しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック」を併用すると、同時進行が苦手な私はワケが分からなりそう。

そこで「しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック」をいったんお休みしようかなと思ったりしています。

それか、12月はトレーニングブックにもっと集中して、1月から試験勉強始めるとか。少し考えてみようと思います。

とにかく、来年からは年3回開催されますね。TOPIKを受験する皆さん、一緒にがんばりましょう♪♪

シェアする

フォローする