TOPIK2、듣기の問題文をディクテーション

この問題集↓の「模擬問題3」の듣기をやったら、また選択肢も読み切れず、しかも聞き取りも怪しかったです。最初の16問で5問も間違えました。

韓国語能力試験TOPIK II 中・上級完全対策

さすがに焦ってしまって、듣기をもう少し何とかしなければならない!!と思い、問題文のディクテーション(パダスギ)をやり始めました。図はクリックで拡大。ブラウザの「戻る」で戻る。

結果分かったこと。綴りが怪しすぎます・・・。

ちなみにこれ、듣기の3問目グラフを選ぶ問題です。問題には正解しましたが、一応書き出しました。問題を解くにはそんなに支障なくても、こんなに聞き取れていなかったり、綴りがあやしいことが判明。

ちなみに、4色ボールディクテーションをする時間がなかったので、2回だけ聞いて2色にしました。1回目、シャープペン、2回目青ペン、あと答え合わせを蛍光ペンでデカデカと書き込みました。

で、16問解いたので16個パダスギやろうとしたのに、時間がけっこうかかります。前半は複雑な音変化があまりないようで、なんで聞き逃したか?とか分析する時間をそんなに設けずにすみました。

単に単語を知らなくて聞き取れていない感じだったので。

たぶん、もっと後半問題になってくると、音変化で聞き取れない部分も増えて来ると思います。だから、この時間のかかるやり方を続けるかどうか、今迷っています。

というのもですね。16問パダスギするのに、2時間以上かかったんですよ・・・。

書き取りるスピードは、そんなに遅い方でもないと思うのですが、やはり知らない単語が多いからですかね?答え合わせで、たまに辞書引きなんてしてると、あっという間です。

しかも16問分やろうとしていたのに、14問書き取って疲れてダウンしました。

※その後、2問追加でディクテーションして計16問やりましたが、15問目と16問目だけ書き起こすのに35分もかかりました・・・。

スタミナ不足を感じた、TOPIK2の問題のディクテーションのお話でした。

シェアする

フォローする