TOPIK2 スピード勝負の읽기~読解力トレーニングで練習中~

今日は、以前、記事にした「TOPIK2 スピード勝負の읽기~時間内に解くコツ!!~ 」の続きで、自分が実験台になってやってみた結果について書きます!

TOPIK2の읽기の問題は、高級保持者でも、最後の方は時間配分に気を付けないと時間がなくなると何かで読みました。私の場合、40問目くらいで集中力も切れるし、そもそもその辺で終了時刻になるので、正直申し上げますと、捨てていました…。

しかし、「6級を狙うにあたってそんな状態では行けない!」と奮起し、今は、捨ててた읽기の後半部分の過去問と、「韓国語学習ジャーナルhana」にちょっと前まで連載されていた「試験に役立つ!ジャンル別に文章に慣れる 読解力トレーニング」をやりながら、早く読む訓練をしています。

この連載は、19号から(韓国語学習ジャーナルhana Vol. 19)始まり、28号(韓国語学習ジャーナルhana Vol. 28)まで続きました。

社会、文化、健康、政策、経営、科学、環境、教育、歴史、暮らし の10分野が取り上げられています。各連載で、4つずつ問題が載っていて、解説と和訳、それからCDには音声も収録されています。

著作権のことがあるので、中途半端な写真ですみません!! 写真のように、第6回ですと、赤線のところ、科学のジャンルの文章について読解する形式になっています。

そして、ピンク矢印の所を見ると分かるように、小さいんですが、問題文を読む目標タイムが書かれています。私は、スマホのストップウォッチでタイムを計って訓練しています。今日、第6回まで終わりました。

知らない単語がなければ目標タイム内に読み切れますが、大抵は知らない単語がいくつかあって、推測しながら読むので、あと1行くらい…というところで、ピピピ…とアラームがなってしまい、間に合いません。泣

アラーム内に読み切るために、良く分からないのにダラダラ読み進めて、結局問題も解けるほど理解もせず結局二度読み…なんてことも、訓練の最初の頃はやっていました^^;;

しかし、二度読みなどしていると、もっと時間がかかってしまいますから、最低限、二度読みを防ぐために、マイペースで理解しながら読んで、「この文章では、私の読むスピードはどの程度かな?」というのを把握できればいいかな?と思います。

結局、すぐにスピードはつかないということが分かりました。それから、分野によって得意不得意があるということにも気づきました。科学の分野ですと、オチみたいなのが個人的に予想がつくので、私は解きやすいです。

ところが、政策の分野などになると、単語が分からなくて時間がかかってしまうし、オチもよくわからないので、問題の文章が良く分からない上に問題にも間違えます。

個人的な印象ですが、この連載の選択問題は、TOPIKの過去問より、ちょいと難しい問題が含まれている気がしました。気のせいかもしれません!

というわけで、5~6級を狙っている方々には、使える特集だと思うので、紹介させていただきました。HANAさんに感謝しています。ありがとうございます。

シェアする

フォローする