しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック進捗状況

最近の平日はNHKワールドの韓国語ニュース+「しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック (CD book)」に取り組んでいます。ニュースは聞かない日もあるんですが…^^;

それから体調によっては、トレーニングブックを少ししかやらない日もあります。でもちょびっとでもやることで「今日もなんとか食らいついた!」と思えるので、ちょっとでも進めています。

先日、私がよく参考にさせていただいているあこさんのブログ(あこ韓ぶろぐ)で取り上げられていた本を買いました。(参照→勉強のモチベーションを上げてくれるオススメ本


世界一わかりやすい 英語の勉強法

あこさんのブログを読むとよく分かるように、韓国語学習にもおおいに役立つ内容となっています(素敵な本を紹介して下さってどうもありがとうございます^^)。

そしてこの本の中に「人と差のつく問題集のやり方」というのが載っています。どんなものなのかの詳細は、ここで書いてしまうと著作権が怖いので詳しくは書きません。

でもとにかく問題集を1回や2回解くだけでは足りないっていうのと、分かる問題は最初から解かないみたいなことが書いてありました。

私は試験の対策本は繰り返し解いてきましたが、トレーニングブックのような基礎固めのような問題集については1回しかやらない人間でした。でも、あやふやなままにしてるから初級の文法も怪しいんだよねえ^^;

土台が固まってこそ試験対策に生きてくるっていうのに、今までどうやって試験を突破してきたのだろうか?(「突破」って、そんなに上のレベルの試験受かっていませんが・・・)

だから、最近は「1課を2日で進める」+「数日後にまた戻って、分からなかった問題や間違えた問題、なんとなく解いた問題を復習すること」にしました。

すると、けっこうまた忘れてて解けないんですわー2回目でも解けないんですわ。でも、それで当たり前のようなので、懲りずに分かるようになるまで解くようにしています。

その時は、なぜ自分が間違ったのかの内省?反省?分析しつつ…。例えば、単語の綴りミスとか(綴りで激音と平音かで迷ったなど)、文法で助詞を間違って覚えてるetc・・・。そういう反省点をより丁寧に見て行っています。

このやり方だと、自分がすぐに軌道修正できるところ、何度もつまずいてしまうところが明確に分かってきます。特に、何度もつまずく=定着してないってこと。

問題集を今までより効率よく活用していきたいです。また後日、どんな風に進めているか書きますね。

シェアする

フォローする