第81回TOPIK受けてきました!~マークシートがずれた悪夢~②

第81回TOPIK受けてきました!~マークシートがずれた悪夢~① の続きです。まずは①から読んでくださいね。

듣기で、まさかのマークずれをやらかした私は、割と得意の쓰기でなんとか挽回するつもりでいました。듣기の時に쓰기のページは見れなかったので(前からそうだったのか?)、쓰기がはじまってそこで54番のテーマを知る私…。

と書きたいのはやまやまですが、調子狂っちゃっていたので、54番のテーマは、53番まで解いてから知りました!!51番は問題なく解けたと思っていたのですが、~기 바랍니다の文法を使おうとして、ペンが動かなくて、기바람이다って書いたような気がします。ダメかも。

52番のゴルフボールに穴が開いていて、飛ぶとか飛ばないとかという内容の文章の穴埋めの問題も、最初のカッコに入る言葉がいくら考えても出てこない。遠く(●●●●)…みたいな感じだったと思いますが、なんて入れるべきだったのだろうか?

53番は、テーマはスコーンと抜けちゃって忘れましたが、与えられた図表からほぼ情報をもらさずに書いたので、つづりのミスがなければ大丈夫だと思います。

54番は、「子供たちの経済教育」でしたでしょうか。いい影響、問題点などを上げながら、どんなふうに教育していくべきかみたいなことだったかな。うろおぼえ。

いい影響は、子供の時からお金の教育を受けることで、計画的にお金を使うことに慣れる、とか書いたような。それだけだと足りないから、何かもう一つ書き添えた気がします。

問題点としては、問題文にあったように、物質主義のことをに触れて、「お金のほかにも大切なことがあるのに、それらを忘れてしまう危険性がある」とか書きました。←なんか具体性に欠けますね…。

結論としては、上の問題点の解決方法として、家庭では〇〇~して、社会では△△な~制度や仕組みを設け…と例を挙げて、そういう意識を私たちは忘れてはならない、のような形でまとめました。

気づくと600文字は超えていて、5分ほど余っていたので、듣기に戻って(爆)、問題用紙にある自分のわずかな書き込みとマークを突き合わせて、どこからマークがズレたのか見ようとしたのですが、やはりけっこうズレていたのと、私の書き込みが中途半端すぎて、解決しないまま制限時間が終了しました…。

休憩時間には、計画通りにトイレに直行。会場の教室では飲食禁止っぽかったので、廊下に立って壁によりかかり、ストレス軽減のチョコレートを3粒ほど食べて、ちょっとリッチなコーヒー豆で入れてきた水筒のコーヒーを飲んだら、すごくホっとできました。これは次も同様にやりたいと思いました。

マークがズレた!事件によって、帰ろうかなと思ったけれど、せっかく来たんだし읽기も最後まで解いて帰ろうと思い直して席につきました。

これまでは6級を狙っていないので、脱落文の挿入問題の手前で解くのをやめていた私ですが、今回は最後まであきらめず、最後の大問は時間がなくなったけど(恥)、「残り10分前です」というアナウンスの時に、とりあえず塗りつぶしておいて、その後の「終了です」の合図があるまで解き続けていました。

前よりは随分先まで読めるようになりましたが、やはり疲れてきて頭が働かないもんだな~と思いながらも、「まあ、お疲れ様でした」と自分に行って帰宅しました。

듣기の二列目のどこからズレたのかによりますが、35番あたりでズレに気づいたということは、もしかしたら最大にズレていて22番からズレてるので、そうすると、12問、点数にして最悪24点くらいは失っているでしょう。

よほどの挽回がない限り、6級はかなり怪しいですね。翻訳の勉強しているのに、6級が怪しいって一体…。今度からは問題用紙に〇つけながら、ズレても問題用紙を見れば塗りなおせるようにしようと思いますが、制限時間が厳しいなか、めんどうですね。あ~。残念です。

受けた皆様はいかがでしたか?お疲れさまでした!

ちなみに私は、6年くらい前に3級を獲って以降ずっと放置しているハン検を受けようかと思っています。準2級です。2級から上は県内に会場がないですし。模試をやってみたら、合格点は超えたので高得点を狙っていきたいです。

シェアする

フォローする